ワクワク不動怪獣日記

色々垂れ流し @hooringa ←Twitter

ウルトラマントリガー11話「光と闇の邂逅」感想


www.youtube.com

 

カルミラの猛攻に倒れるトリガー、ケンゴはカルミラの呪術により3000万年前の地球へ飛ばされてしまう。そこで闇の巨人であった時代のトリガーと、生前のユザレと遭遇し…。

 

エタニティコアを狙う3000万年前の闇の巨人達、そしてなにより闇の巨人であったと判明したトリガー、かつてのユザレを見てケンゴはどう動くかという話。仲間を失いながらも戦い続けていたユザレに笑顔の大切さを話したり、ユザレの意思をくみ取ってトリガーダークに立ち向かったりと奮闘するケンゴくん。トリガーダークがなぜ現在光の巨人トリガーになっているのか、エタニティコアとは何なのかといった超古代要素の謎がこの前後編で明かされる感じになりそうですね。予告ではカルミラの力によって過去に飛ばされたような書き方でしたが、エフェクトを見るとエタニティコアが介入しているように見えるのですがさあどうなるか(カルミラがケンゴを過去に飛ばす理由もありませんしね)。個人的にはケンゴの出生がそもそもエタニティコアがらみなのではないかと思いますが…。またルルイエという言葉がユザレ達の言葉で希望という意味だということが明かされました。クトゥルフ神話的にはクトゥルーが眠っている地名、ティガ的には超古代遺跡の名前と、本来は場所を指し示す意味合いの言葉であり、ロクでもない場所なのでこのようなポジティブな意味合いで語られると強烈な違和感がありますが、闇の巨人たちが生まれた地でもありながらティガの生まれた地でもあるという意味合いで、ティガの地と合わせたような絶望の中の希望的なニュアンスで使っているのかもしれません。

 

今回登場したのはトリガーの闇の巨人としての姿、暗黒勇士トリガーダーク。二つ名の付く悪トラマンは結構珍しい気がします、かっこいい名前ですね。デザイン的には闇の巨人にゼルガノイドやキリエロイド的な印象も受けます。トリガー同様一切喋らないため、闇の三巨人にやたら気に入られてるデカい犬みたいなかわいがりを受けている妙な印象があります。今のところどういう経緯で光の巨人になったのかが気になるところですね。

 

次回はグリッタートリガーエタニティ誕生回、トリガーが闇の巨人であること等まあ予想がついていたことなので、ティガ要素が絡むとメインストーリーが盛り上がりに欠けることが多いトリガーですがどう転ぶか。

 

それではこのあたりで

スマイルスマイル!