ワクワク不動怪獣日記

色々垂れ流し @hooringa ←Twitter

ウルトラマンデッカー第5話「湖の食いしん坊」感想


www.youtube.com

街に突如現れたエレキング。その現場でイチカが出会った謎の少女ユウコ、彼女はスフィアの影響で故郷に帰れなくなったピット星人であり、エレキングは彼女の友達であった。 食いしん坊のエレキングは彼女の予想しないペースで成長し餌の電気を求めて発電所などを襲うようになっていたのだ。イチカは彼女とエレキングのためにTPUの対災害用バッテリー、メガアースを持ち出すことに決めるがカナタとソウマに見つかり隊長の叱責を受けるも持ち出す許可を貰い、早速エレキングに与えるが過剰なエネルギーによりエレキングは暴走、デッカーはミラクルタイプに変身しエレキングを元の幼体まで戻す。怪獣学に精通した副隊長の指導によりエレキングは巨大化しないダイエット計画を始めることができるのだった。

 

スフィアの影響で故郷に帰れなくなった孤独な宇宙人とその友達の怪獣のお話でした。デッカー特有の状況を活かした良エピソードでしたね。無断で装備を持ち出そうとしたイチカが隊長に怒られ、エレキングの生態を理解せずに危険な行為を許可してしまった隊長に副隊長が怒られるなど非常にちゃんとしたエピソードである印象を受けます。あとエレキングが全体的にかわいい、本当に。

 

今回登場したのは変身怪人ピット星人と宇宙怪獣エレキング、侵略の意思はないものの、餌のあげすぎで制御が効かなくなったエレキングをデッカーが鎮めるという流れでした。初代のようにミクラスを瞬殺したり、マックスやメビウスに登場した幼体やリムを使って成長過程を表現したり、人間のしぐさをする再生エレキングっぽさ等今までの要素をミックスしたような印象を受けます。ウルトラマンジード以来の登場になりましたがスーツも新造され、セブン当時の個体に近い印象を受けました。湖から出現したり潜ったりする合成が非常に自然な他、夜に電気が光る姿が非常に美しいですね。また今回初登場したウルトラマンデッカーミラクルタイプ、電気を吸い取ってエレキングを幼体まで戻すというまさにミラクルな能力を披露しました。初対戦相手が夜のエレキングだったのはウルトラマンダイナの吸電怪獣ギアクーダを意識したんでしょうね。

 

それではこのあたりで

ウルトラマンデッカー第4話「破壊獣覚醒」感想


www.youtube.com

さびれた温泉街に突如謎の巨大カプセルが出現。中からはモンスアーガーまで出現して大混乱に、ウルトラマンデッカーもその強力なパワーに苦戦するが、期待の新装備ガッツグリフォンにより弱点の頭部を攻撃し、勝利を収めるのだった。

 

しっかりとした堅実な作風の1~3話と比べて全体的に緩めの雰囲気のエピソードであり、ある意味一昔前のウルトラマンのワンエピソードらしさがある話ですね。シミュレーションなのにピンチだと誤認して変身アイテムを出してくるデッカーや全体的に口と態度が悪いHANE2などが良かったです。また文明を破壊するための兵器としてのセールス放送を流すカプセルという発想も面白かったです。ゲストの堀内正美さんは浜野町長という役柄で登場しました。電話口のやり取りが劇場版メビウスのものだったり、浜野という名前がウルトラQザ・ムービー星の伝説で堀内さんが演じた役柄と同じ名前だったりとオマージュを感じる点が多かったですね。

 

今回登場した怪獣は破壊獣モンスアーガー、ウルトラマンダイナを代表する怪獣であり、久方ぶりの再登場ダイナ怪獣となります。デザイン画に寄せて作った新規造形だそうで、背中にダイナのモンスアーガーとはちがいトゲが一列生えているのも特徴ですね。弱点はかつてのモンスアーガー同様頭部でしたが、モンスアーガーⅡのようなシールドを即席で貼ることも可能と中々の強敵ぶりを見せました。1300年前に落下してきたとのことですが、伝承が残っている1300年前に来た赤い怪獣というのはおそらくウルトラマンR/Bのグルジオボーンを意識した設定でしょうね。今回初登場のガッツグリフォンの飛行シーンやデッカーが必殺技を決める前のカットインなどアングルが凝っているところが辻本監督らしくて良かったです。

 

それではまた

 

【日記】読んでる漫画等の感想【2022.7.29】

誕生日です、やったね。

 

それとは特に関係ない漫画の話です。

 

・はなまるスキップ

きらら初期っぽい毒と、今風のきららっぽい居場所の話がミックスされた良作だったように思います。ただギャグをやっている時のスピードとシリアスなシーンのスピードの差が極端で急停車急発進を繰り返しているようで読感はいまいちだったかなあというのが正直な所。

 

・DARKNESS HEELSーLiliー

カミーラ・ベリアル・ダークザギ・イーヴィルティガ・ジャグラスジャグラーの同時変身のシーンはやっぱり熱い。バトルナイザーの設定や全体的にティガ怪獣が多かったのも懐かしさを刺激して大変良いウルトラスピンオフコミックだったように思います。全一巻予定だったのが二巻になったとのことですが、また続きを見たいものですね。ベリアルに光が宿るとジードの目の色になるというのが…すごく…良かったです。

 

・暗殺後宮~暗殺女官・花鈴はゆったり生きたい~

後宮クソ治安シリーズその2(1は薬屋のひとりごと)、フォロワーのRTで見つけてまんまとハマった。ギザ歯のコミュ障の女の子が後宮で友達を作ってゆったり暮らしたい(めちゃくちゃ言ってるなこいつ…)のに好きな人のためにがんばる話。ギザ歯で根暗のコミュ障女の子が好きな人は読むといいですよ。昔読んでた漫画の作者だと後で気が付いて運命を感じました。

 

・ふつつかな悪女ではございますが~雛宮蝶鼠とりかえ伝~

後宮クソ治安シリーズその3、風都か?フォロワーの直リプで勧められてまんまとハマった(こんなんばっかだな)。体が入れ替わったことによって病弱だが鋼メンタルの持ち主だった主人公がビュンビュン動き回れるようになって、その人格でいろんな人をおとしていくシーンは本当に見ていて気持ちがいいです。自分を殺そうとした侍女でさえ許してしまう器の大きさのため仕えている側にクソデカ感情抱えてるやつが増えるのも面白い所。

 

・氷室の天地 Fate/school life

掲載誌のぱれっとが死んでREXに移籍、それでもいつも通りのパロネタの嵐と勢いの良さには感嘆を禁じえません。ライダーさんがちょくちょく出るようになったりワカメがなんやかんやで生存し、裏事情を知っているのでちょくちょくいい味を出したりと独自世界線のうま味も出てきたかなという感じ。特別小冊子も丸々仮面ライダー大戦のパロディをやってたり、「ぱれっとの末期はそもそも四コマが少なかったですなあ!」と危険なネタで盛り上がってたりしてたのが良かったです、半分くらい原田たけひとに釣られたのはあります。

 

 

 

 

 

ウルトラマンデッカー第3話「出動!GUTS-SERECT」感想


www.youtube.com

GUTS-SELECTに配備された新型機ガッツホーク。その威力を発揮するためにはパイロットであるAI「HANE2」との連携が不可欠であるが、彼とのコミュニケーションの取り方に四苦八苦するもなんとか交流を深めるカナタたちだが、突然町にゴモラが出現、ガッツファルコンとガッツホークの連携等で応戦する中スフィアソルジャーが現れゴモラに取り付き、スフィアゴモラへと変貌させてしまう。カナタはデッカーに変身するもスフィアゴモラのパワーに苦戦するが、ストロングタイプへとタイプチェンジしこれを撃破、HANE2とデッカーであることの秘密を共有しつつ、親しくなることができたのであった。

 

ガッツホーク操縦担当のAIであるHANE2と上手く連携が取れないので、コミュニケーションを取ってみよう!という話でした。それぞれの身の上話をHANE2にする所やガッツファルコンに乗るカナタへのムラホシ隊長の、元々無人機だったので乗り心地が最悪というやり取り等、細かいながらも人物間の交流描写が良い話でした。デッカーに変身している間の操縦をHANE2に任せて秘密を共有し中を深める描写も良かったです。ため口HANE2がとてもかわいい。またデッカーが人類の味方かどうか悩むシーンが多いように感じましたが、よく考えるとトリガー・トリガーダーク・闇の三巨人・アブソリューティアン・Z・リブット・ティガ・イーヴィルトリガーとこの地球は敵も味方も多くの巨人が姿を現しており、まあ悩むのも仕方ないのかもしれませんね。

 

今回の怪獣は古代怪獣ゴモラ、そしてそれにスフィアが取り付いて誕生した古代合成獣スフィアゴモラです。スフィアゴモラはゴモラのパワーや必殺技の超振動波がさらに強化されており、体中に突起があるほか角や胸の模様などの左右非対称性が非常に良い怪獣でした。図体も大きいのでストロングタイプとのパワー対決やジャイアントスイングのシーンが迫力がありましたね。スーツはおそらくスカルゴモラの改造でしょうが上手くアレンジが効いてて流用っぽさも感じられないのが良いです。それにしてもZの花粉症ゴモラといい、不慮の事故でひどい目にあうある意味原点回帰的なゴモラが続いていますね…。

 

それではこのあたりで、またお会いしましょう

【日記】読んでる漫画等の感想【2022.7.16】

やっていきましょう

 

・環境測定員さん

comic-walker.com

 

癖が歩いてる!!!!!!!!!!!!!!

 

環境という幅広い意味の持つ言葉、その環境を調査し改善する悪魔っ子のお話、始まったばかりですが雰囲気が良い漫画です。

 

・すだちの魔王城

絶対に読んだらハマるから遠ざけておこうという予防行動もフォロワーのRTにより完全に無意味と化したので買いました。主人公である善良なムラビト、表情豊かでかわいい幼女魔王のマオ、げっすい顔をしょっちゅうする不良勇者のアッシュの3人組のバランスが非常によく、シリアスとギャグの配分もよさげで読んでて非常に楽しい作品です。

 

・アナザージー

ツブラヤイマジネーションで掲載された読み切り、ウルトラマンジードの番外編です。ベリアルの遺伝子により生み出された実験体・叶夜ニクスが主人公です、ウルトラマンとしての力をベリアルから引き継いだのがジードなら、こちらはレイオニクスの能力を引き継いだ主人公の話で、設定の使い方や一つの探偵ものとしても面白く、続きを是非読みたいという気分になりました。

 

 

・戦え!セブンガー

単行本のページを開けた瞬間に恐怖が訪れた、執念が怖い。ウルトラマンZの前日譚でありつつ80やティガの怪獣からオリジナル怪獣までバラエティ豊かな怪獣とセブンガーとの死闘が描かれた良い作品でした。最終回の相手がアシュランで、みんな待ってた夢のダブルセブンガーも大変すばらしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ミムムとシララ~ドラゴンのちんちんを見に行こう~

 

 

大きな出会いがあった

 

 

全てを変えるような出会いが

 

 

そのきっかけがたとえ消えようとも

 

 

これから先に多くの出会いが待っていても

 

 

その始まりはきっと

 

 

素敵なものであったに違いない

 

 

さあ

 

 

ドラゴンのちんちんを見に行こう

kuragebunch.com

 

感動巨編です、私は泣きました。

 

おしまい。

 

 

ウルトラマンデッカー第2話「決意のカナタ」感想


www.youtube.com

 

第2話の感想です、やっていくよ。

 

TPU訓練校に入学したカナタは、イチカリュウモンたちと共に 行軍訓練を行うことになるのだが、カナタは考えの違いからリュウモンと衝突してしまう。 そんな時、3人の目の前に破壊暴竜デスドラゴが出現。退避命令を無視して現場の避難の誘導に当たった3人をかばいガッツファルコンも撃墜される。カナタはデッカーへと変身し交戦、足のケガが原因で苦戦するものの新兵器ガッツホークやディメンションカード怪獣ミクラスの援護により何とかデスドラゴを撃破。ムラホシ校長に命令を無視したことを咎められつつも現場判断を認められてか、3人はガッツセレクトへの入隊を果たすのだった…。

 

1年飛んだとはいえガッツリ訓練校の過程を描いて入隊までの話をやってくれるとは思いませんでした。これからチームを組む仲間であるリュウモンとイチカリュウモンは主張こそ正論であるもののかなり尖っていてカナタとも衝突しているのをイチカが仲裁するという形でそれぞれの隊員の個性を描きつつチームが出来ていく過程を描いていくようすは非常にしっかりしてると言えます。ムラホシ隊長も3人の行動を咎めつつも現場判断は認めており、ガッツファルコンでの戦闘もこなす等格の高さが感じられます。

 

今回登場した怪獣は破壊暴竜デスドラゴとディメンションカード怪獣ミクラス。デスドラゴはトリガーに引き続きの出現で、角からの雷撃のような光線や口から吐く破壊光線を武器に暴れ回りました。本来なら角を一本失えば戦意喪失するはずなのですが、地球がスフィアに覆われているからなのか常に威嚇行動を取っており、ガッツファルコンとガッツホークで角を一本ずつ破壊され、最後はデッカーに倒されると少し不憫な怪獣でもありました。ミクラスカプセル怪獣・マケット怪獣・バトルナイザーによる召喚に続いてのディメンションカードによる召喚と何かと召還に縁のある怪獣で、活動時間はかなり短いもののデッカーの背中を押し、相手に一撃食らわせる等十分な活躍を見せました。アギラとウインダムも楽しみですね。参戦キャラが多いのもあって今回の戦闘シーンは見所が多かったですが、ガッツファルコンの水上を飛びながらデスドラゴの攻撃を避けミサイルを発射するカットが特にかっこよかったですね。

 

 

それではこのあたりで

【日記】読んでる漫画等の感想【2022.7.10】

・ヒーローさんと元女幹部さん

百合で特撮ヒーロー(風)という変わった題材の組み合わせでしたが、愛という感情に真摯に向き合った傑作として完結したように思います。作者がツイッターで訳の分からないことをしょっちゅう喋っている不審者だからちょっと…みたいな人も読んでほしいですね。面白い漫画を描けるツイッターで訳の分からないことをしょっちゅう喋っている不審者に認識が改まると思います。

 

comic.pixiv.net

19日の正午まで全話無料公開しているので是非この機会に。

 

 

・ドM女子とがっかり女王様

アングラや下品なネタを大量に仕込んで勢いで押してくるタイプのギャグ漫画でした。一話一話は短いながらもすべての倫理観が終わってる最高のギャグマンガとして四巻走り続けたことに感激しています。ふたなり女子高生ちんちんフェンシング部についての感想をつぶやいたら下手にバズったせいで通知欄にふたなり女子高生ちんちんフェンシング部のエロ漫画のスクショが大量に送り付けられて最悪なバキの家みたいなことになったのも懐かしいですね(自業自得)。

 

・これ描いて死ね

同人活動にスポットを当てた漫画ですが、とよ田みのる先生特有の漫画に詰め込まれた多幸感が、上京してまで推し作家の作品が読みたかった主人公の喜びの感情として爆発している一話の輝きが強すぎて死にました。創作をしたことのなる方なら一度は読んだ方がいいと思います。

 

・死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く

少女漫画の天真爛漫な主人公!みたいな少女が何のためらいもなく圧倒的な戦闘能力で相手を斬り殺す作品。笑顔で返り血を浴び、戦いが終わればにっこにこでパンを食べてわがままを言うギャップが非常に可愛らしい。単なる戦闘狂ではなく頭もちゃんと切れるので非常におっかないのも良い点

 

・千歳くんはラムネ瓶の中

好きなフォロワーがいて何度も勧めてきたのでまあ読んでみたのですが、主人公とヒロインと話と地の文のテンション全てが受け付けないという非常に珍しい読書体験をしました。主人公の唱える理論が全然わからない上にその理論が正しいものとしてで話が成り立ってるので終始????となる作品でした、ヒロインが属性違いの主人公のファンネルでしかないのも痛いですね。バグで強引に突破したゲームのシナリオを読んでいる気にもなります。また根本的な問題として文章やキャラの趣味から40~50代のおっさん臭がかなりキツく、おじさん構文のラインを延々と読んでいる気分にもなります。個人的な感想としてはDhinosauriの本編見てる方が楽しいですね。

 

 

それではこのあたりで